%肺活量・1秒率

肺活量を示す数値項目に%肺活量一秒率(いちびょうりつ)という代表的な指標があります。

肺は空気を出し入れして、血液中に酸素を送り込み二酸化炭素を体外に運び出す役目をもっています。
肺活量」は肺いっぱいに空気を吸い込んでいっきに吐き出すときの空気量を表していることは先に述べましたが、他にも「%肺活量」で標準の肺活量に対する実際の肺活量の割合を数値化して肺機能の指標とします。

%肺活量(=肺活量比(%VC))は、標準の80%以上あれば正常です。


肺機能のもうひとつの指標が1秒率です。健康診断などの検査で肺活量を測ったことのある方はわかると思いますが、肺機能検査の時は2回測定します。
二回目の測定のときに「大きく吸って、おもいっきり一気に出して下さい」と言われて検査した事があるはずです。この測定で1秒率を測っています。

普通の肺活量はゆっくり吐き出しますが、1秒率を求める時の肺活量は、一気にどれだけの量はきだせるか(これを努力性肺活量といいます)を調べます。
一気にはきだした時の努力性肺活量に対する1秒量(最初の1秒間ではきだした量)の割合を1秒率と言います。

1秒率の正常値は70%以上です。
気管支喘息などを患っていると気管支が狭くなり、一気にはきだすことが困難なため1秒率が低下します。

効果的に肺活量をトレーニングできる器具

肺活量を効果的にアップさせたい人におすすめなのがパワーブリーズというトレーニング器具を使っての肺活量トレーニングです。

POWER BREATHE(パワーブリーズ) プラス フィットネスタイプ 中負荷 BCPB2002

新品価格
¥8,299から
(2011/10/3 02:50時点の参考価格)


肺は自分では伸び縮みすることはできないので、肺を収縮させるための呼吸筋を鍛える事が肺活量を鍛えるのに有効となります。
英国の科学者が開発したパワーブリーズは意識的に呼吸筋をトレーニングして呼吸力を高めることができます。

使い方は簡単で、口につける部分を加えて、息を吸ったり吐いたりするのみなので、スポーツができない環境でもトレーニング可能です。

ハンディタイプのパワーブリーズは自宅に居ながら腹筋・背筋・横隔膜を強化できる呼吸筋トレーナー。 世界のスポーツアスリートも愛用していることで有名です。
鍛え上げられた驚異的な肺活量の持ち主で有名なB'zの稲葉さんが肺活量を鍛えるために使っているということでも話題になりましたよね。
パワーブリーズは手軽に肺活量のトレーニングをしたい方、呼吸を楽にすることで日常生活を豊かにしたい方、息が切れやすい方、運動不足気味の方にもおすすめです。

≫≫呼吸筋トレーナー パワーブリーズ一覧はこちら

スポンサードリンク

関連記事

  1. 肺活量とは
  2. 肺活量の正常値

フィード